実績画面における科目指定の方法が少し簡単になりました

今までは「予算」と「勘定科目」の2つを指定できる選択ボックスがありましたが、これらが一つになり、「勘定科目/細目」となりました。この影響により、営業利益や売上総利益が選択肢に出てくることがなくなります。

実績データのコピペによるインポートで、地味に幅広いフォーマットに対応しました!

これまで実績データインポート時の計上月のフォーマットが「2019/01」のような形式しか受け付けられていませんでしたが、これに加えて以下のようなフォーマットでも適切に処理できるようになりました。

  • 2019-01
  • 201901
  • 20191
  • 20190101
  • 2019年 1月
  • 012019
  • 12019

また、インポート時に勘定科目で細目を指定する場合も、「科目名_細目名」など、アンダースコア(もしくは、スペース, スラッシュ, ハイフン等)で区切っても適切に認識してくれるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です