アドバイザー就任のお知らせ

本日、サンブリッジグループCEOのアレン・マイナーさんと早稲田大学大学院経営管理研究科教授の清水信匡先生が弊社のアドバイザーに就任したプレスを出しました。

このブログでは、お二人との出会いやこれまでの支援について書きます。

アレンさんは、DIGGLEへの投資家である500Startups Japanのメンターです。500sのJamesさんから紹介され、お会いしたのが今年の3月の終わりです。当時の私たちは、Seed投資してくださるVCへの事業説明活動をしており、その一環での面談でした。

アレンさんから、15分間で事業の説明をしてくれと言われ、「おー、映画みたいだなぁ」と思いつつ、エレベーターピッチの重要性と練習は外資系企業に勤務していた時に何度かトレーニングを受けていたので、そつなく(?)はじめました。

ところが、私が話し始めてから5分くらいすると、管理会計、予実管理業務の重要性についてアレンさんが語り始めます。そこで、アレンさんが10年以上前から、これらの業務の改善の必要性を訴えてきた業務領域だったことを知りました。結局60分の面談時間のうち残りの時間はディスカッションへと発展、投資を決断してくださいました。

その後も、DIGGLEの進捗報告にいくとSaaS収益管理機能の必要性についてのアドバイスや、管理会計に関する書籍を紹介してくださいます。先日も、アレンさんの投資先企業の勉強会で、普段、出会うことができな方々から貴重な経営示唆を頂戴してきました。


清水先生は、私が夜間に通学していたビジネススクールの先生です。起業後、ご挨拶に伺うと私達の実現したいビジネスアプリケーションに大変な興味をもっていただき、すぐに複数の先行研究を送ってくださいました。

渡邉紀生、吉永茂、市原勇一(2015). 管理会計は財務業績を向上させるのか? 企業会計, 67, 97–111

とか

福嶋誠宣、米満洋己、新井康平、梶原武久(2013). 経営計画が企業業績に与える影響 日本管理会計学会会誌, 第21巻第2号

といった論文です。こういった学術的な先行研究の結果からDIGGLEの機能実装のヒントを得られることをすごく幸運に感じます。DIGGLEを迅速な経営判断を支援するシステムにしていくために、これからも先生からのアドバイスは貴重です。

先日、予実管理業務が企業経営に与える影響についてインタビューの機会を頂戴したので、その内容も別途どこかでコンテンツにしていきますね。


ユーザー様、投資家、アドバイザー、様々な方の知見によってDIGGLEは機能拡張していきます。今後も、ご支援をよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする